トップ > ベビーサインクラス > ベビーサイン育児の効果的な習い方

ベビーサイン育児の効果的な習い方


赤ちゃんの発達から考えますと、生後5か月くらいからサインを見せ始めたとしても、個人差がありますが、赤ちゃんが実際にサインを出すのは早くても3か月くらいかかるのが普通です。

そこで、かんがるーほいくえんのベビーサインクラスでは、お座りができる頃の6か月から「基礎クラス」の入会ができます。

「基礎クラス」は「うさぎコース」と「かめコース」の2コース分かれています。

復職前でお時間がない方、モチベーションをあげるためにも月2回のレッスンを行いたい方がお選びになるとよいのが「うさぎコース」です。また、赤ちゃんの月齢が少し早い方は月1回の「かめコース」で、赤ちゃんからやっと出始めたサインを上手に受け止めて定着させていくのも良いでしょう。赤ちゃんやお母さまの状況に応じて途中でのクラス変更も可能ですので、その際はご相談ください。

「基礎クラス」を修了された方は、毎月1回の「継続クラス」に進むことができます。このクラスは、さらに定着したサインを使ってサイン育児を楽しみ、毎月季節のイベントを取り入れております。ベビーサイン育児で育てた赤ちゃんは、おしゃべりになると言われております。 是非、赤ちゃんのおててを使ったコミュニケーションを一緒に学びましょう。